Article page

by
  • Comment:0
  • Trackback:0

口と足で描いた絵ファンサイト参加中

両手の自由を失った障がいのある画家たちの自立をめざし、
口や足に筆をとって描いた絵をもとに、
グッズを作成&販売されてるという

口と足で描く芸術家協会さまの

【口で描いた無邪気な子供たちのキャラクター】

P5221568 (800x600)

マスキングテープ

モニターさせていただきました

これまた口で描かれたというE.Tタンさまの素敵なカードとともに
送っていただきました

P5241682 (800x598)


ピンクの縁取りがかわいらしい
マスキングテープは、、、

こんな

P5221570 (400x300)

ただの白い箱だって、、、

P5221571 (400x300)

こ~んなにかわいらしくしてくれます

te-pu.png

このかわいらしい
無邪気な子供たちのキャラクターは全て、
21歳の時に交通事故で頚椎を損傷し、体幹機能に障がいをもっていらっしゃる
黒木洋高(宮崎県)さまが口で描いたそうです。
日常生活を送るのには
介護が必要で、若干動く左手を使って電動車いすで移動します。
25歳の時からリハビリの一環として、描き始めましたという絵。
季節、季節をあらわしていて、、、
と~っても温かい

P5221575 (800x461)

ほのぼのとした絵ですよね~
思わず笑顔になれちゃいます

絵を描くことによって未来に希望が広がり、
応援してくれる仲間とも出会い、
「あきらめずに、今は一生懸命生きている」、、
そんな黒木洋高さまの絵には夢や希望があふれています

工作やラッピングに最適。
簡単リメイクにも便利
コレクションしたくなるかわいさの

te-pu-1.png

マスキングテープ

黒木洋高さまとの出会い、
素敵な作品との出会い、、、
大切にしたいと思っております
素敵な出会いをありがとうございました。
これからも応援させていただきます


  「子供には大いなる未来があり希望があります。
  世界が平和で皆に幸福が訪れるよう、拙い絵に託しました。
  この絵があなたに一時の癒しをもたらすなら幸いです」

口と足で描く芸術家協会

口と足で描いた絵 カタログ2015春夏

口と足で描く絵 ネットショップ

関連記事
papom
Posted bypapom

Comments 0

Leave a reply